BIGBLUE東京

WJBLに所属するBIGBLUE東京。 チーム紹介、スケジュール、その他いろいろな情報を提供していきます。 皆様よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

vs三菱電機第3・4戦 試合レポート

第15戦 2011年2月19日(土) vs三菱電機 at東京海上日動石神井体育館

ここまで2連敗している首位三菱電機をホームに向かえ、リーグ最終2連戦に臨みました。

第1Q、立ち上がりからこの試合のためにディフェンスをマッチアップゾーンで臨んだBB。相手を撹乱するも190cmセンターのインサイドで先制される。すぐにタオがミドルを決めて譲らない展開。しかしやはり高さで優位な相手のインサイドでリバウンドを制されて得点を重ねられる。ディフェンスで頑張りボールを奪うがオフェンスで決めきれず一気に得点差が広がる。ここで宮本HCが早めにタイムアウトを取りリズムを変える。ここからジン、リポが3Pを決めオフェンスにリズムが戻る。ヒョウがファーストブレイク、ミドルを決め、セブがカットインを決め得点を重ねるが相手センターの高さに苦しみ14点差で第2Qへ。

第2Q、これ以上点差を離されたくないBBはディフェンスをマンツーマンに変え相手にプレッシャーをかける。
ヒョウがインサイドへ切り込み得点する。ディフェンスではスティールを決めオフェンスの機会を得るがシュートがなかなか決まらない。しかし相手へのディフェンスも激しくなり、簡単に得点を許さない。交代したサトが力強くカットインを決め、コウがミドルで続く。守ってはスティールからタオがレイアップ、ミドルを決め勢いづくBB。相手も得点を返し、点差が徐々に離されそうなところでキビが3Pを決めるが、大量18点差ビハインドで後半戦へ。

vs三菱電機第3・4戦 試合レポート…の続きを読む
スポンサーサイト
試合結果 | コメント:2 | トラックバック:0 |

第13・14戦試合レポート

第13戦 2011年2月11日(金) vsトヨタ紡織 at代々木第2体育館

ここまで対戦成績1勝1敗の五分の星のトヨタ紡織を迎え雪の降る東京で熱戦を展開した。

第1Q、立ち上がりから身体がよく動くBB。リポのアシストからキビがゴール下を押し込みバスケットカウントを奪いフリースローも決める。相手もインサイドで得点を重ねるが絶好調のキビがリバウンドからシュートねじ込み入れ返す。さらにキビがインサイドでファールを奪いフリースローを決め全得点を叩き出す。ヒョウも続き、リポが強気の攻めでファールを誘いフリースローを得ると、セブがカットインからバスケットカウントを奪い相手の主力がファールトラブルに落ちいる。その後もお互いに点の取り合いとなるがリポ、セブ、ヒョウが攻め続け、交代した小林のカットインが決まりハイスコアのまま2点差で第2Qへ。

第2Q、少し動きが止まったところで相手に連続得点を許すがディフェンスでリカバリーし、相手にも簡単に得点を許さない。この日絶好調のキビがミドルを決め反撃開始。セブが鋭いカットインからファールを誘いフリースローを決める。相手のインサイドに手を焼き点さが離れそうなところでコウが3Pを決め必死に食い下がる。相手のオフェンスリバウンドに押し込まれ得点を許し差が広がり掛けたところでジンがファールでフリースローを得るが相手もすぐに入れ返し9点差まで広がったが交代したルイがブザービーターの3Pを決め6点差で後半戦へ


第13・14戦試合レポート…の続きを読む
試合結果 | コメント:0 | トラックバック:0 |

vsエバラ 第3・4戦

第9戦 2011年2月5日(土) vsエバラ at富津市総合社会体育館

ここまで2連勝しているエバラを向かえ、後半戦初勝利を目指して臨みました。

第1Q、お互いミスの目立つ立ち上がり。相手のリバウンドからのゴール下により得点が動き出す。セブがカットインから相手ファールを誘いフリースローを得て得点する。リバウンドで相手にペースを握られそうになったところでルイが3Pを沈めお返しする。ここからは点の入れ合いとなり、相手はインサイド、対するBBはジンがカットイン・ミドルの連続得点、ルイがファールを誘ってフリースローを奪い一進一退。リバウンドで苦しみインサイドプレイと3Pで離されそうになるところで絶好調のジンが3P・ミドル・ミドルと第1Qで11Pと活躍し4点差ビハインドで第2Qへ

第2Q、追いつきたいBBだがなかなかリバウンドを奪えない苦しい展開。コウがカットインを決め第2Qも離されないように踏ん張る。相手に3Pを連続で決められるもルイが3Pで返し、交代したサトも力強いカットインで得点し追撃する。しかしここからミスが目立ち始め、相手のガードにかき回され連続得点を許しリードを広げられる。ヒョウのミドル、ルイの3Pも単発となり大量17点差ビハインドで後半戦へ。



vsエバラ 第3・4戦…の続きを読む
試合結果 | コメント:5 | トラックバック:1 |

vs山梨第3・4戦 試合レポート

第9戦 2011年1月29日(土) vs山梨 at伊那市勤労福祉センター体育館

2011年を向かえリーグ再開の初戦、ここまで1勝1敗の五分の星、リーグ初勝利を挙げた山梨相手に気合を入れて臨みました。

第1Q、立ち上がり寒さの影響もあり堅さの見えるBB。相手にフリースローから得点を与える。その後もイージーミスを重ね相手に連続得点を6点リードを奪われる。しかしここからファーストブレイクでヒョウが初得点を挙げるとセブがファールをもらいフリースローを奪い、リポのミドル、ジンのミドルで逆転し一気に盛り上あがる。ディフェンスでもプレッシャーを掛け相手のミスを誘い、リポが連続で3Pを2本決め4点差リードで第2Qへ

第2Q、メンバーを替えてスタートすると交代したルイがフォーメーションプレイからきれいにミドルを決める。セブがうまいプレイで相手のファールを誘いフリースローを得る。山梨もインサイド中心に攻めて必死に食い下がりキビ・ヒョウにファールが重なりコウを投入。これがあたり、いきなり3Pを決め相手を寄せ付けない。交代したサトも果敢な攻めでファールからフリースローを得て得点する。タオのナイスアシストからヒョウがレイアップを決めリードを保つ。ディフェンスでは1-3-1ゾーンが見事にはまり相手のリズムを狂わせ、残り5秒でセットプレイからルイがきれいに3Pを決めて9点リードで後半戦へ。



vs山梨第3・4戦 試合レポート…の続きを読む
試合結果 | コメント:2 | トラックバック:0 |

vsトヨタ紡織第2戦、vs三菱電機第1戦詳細レポート

第6戦 12月4日(土)vsトヨタ紡織 atウィングアリーナ刈谷


第1Q

試合開始から両チームともにスムーズな滑り出しで得点を入れ合う。ヒョウのバスケットカウントで3Pを奪い、リポの3Pシュート、ジンのミドル2P、タオのフックシュート、コウのカットイン、セブのレイアップ、キビの効果的リバウンドなどで終始BBがリードして進める。しかしながら終了間際に相手に連続得点を許し、19-21と2点のビハインドで第2Qへ。

第2Q

当社はゾーンでディフェンスでリズムの変えようとする。開始から相手に連続得点を許しペースがつかめないまま、第2Q開始3分時点で19-30と一気に点差を広げられる。ジュリーHCが堪らずタイムアウトを取り、ディフェンスをマンツーマンに戻し相手のリズムを変える事に成功、サトの3P、ルイがファールをもらいフリースローで得点するなど、点差を縮めようとするも、相手のリズムがよく29-45の16点差で後半へ。
vsトヨタ紡織第2戦、vs三菱電機第1戦詳細レポート…の続きを読む
試合結果 | コメント:2 | トラックバック:0 |

vsエバラ第2戦詳細レポート

第5戦 11月14日(日) vsエバラ at品川区総合体育館

第1Q
初戦に敗退のエバラは、連敗できない状況で気合の入った立ち上がりを見せ、相手の2Pシュートでゲームスタートした。BBはシュートが決まらないが、ディフェンスを頑張り、ジンが2Pを決め2対2とする。相手の連続ゴールを許したところで、キビのフリースロー・リポの2P・ヒョウのフリースローで6対6とし、互角の展開でゲームが進行。残り6分26秒から相手のエースに2P・3Pを連続で決められたが、リポの3P・ジンの2Pでお返し13対18の5点ビハインドで第1Qを終了し第2Qへ。

第2Q
BBは、シュートが入らず、相手に連続ゴールを許し開始1分40秒で13対23と10点差がついたところで、ジュリーHCがタイムアウトを要求。(先週のトヨタ紡織戦と同じ展開であることに気付いた人はいますか?)タイムアウト後、コウのリバウンドからキビへの速攻・リポの2Pで17対23の5点差に戻した。残り5分56秒で流れを変えるために、サト・ルイ・ヒョウを投入、BB得意の速い展開に持ち込みたいところ。相手も3Pで意地を見せ17対28と11点差となったところで、セブがスチールしそのまま速攻を決める。(これも、先週と同じ光景だ!)更にセブからのパスをサトが決め、ヒョウ・セブのオフェンスリバウンドからの連続攻撃でルイが3Pを決める。セブの2本目のスチールからコウの2Pシュート、ヒョウの2Pシュートで残り44秒で28対28の同点に追いついた。その後相手に2Pを決められ前半を28対30の2点ビハインド前半を終了し後半へ。

第3Q
相手のスローインからスタートしたが最初の得点は、ジンのフリースロー。今日もBBのプレッシャーディフェンスは健在であり、ジンのリバウンドからキビへパスが通り綺麗なドライブイン・2Pシュートと連続ポイントし、ジンの2P、タオがプレスディフェンスから相手のパスミスを誘い、リポがスチールし速攻を決め、残り6分30秒には37対32と逆転に成功した。その後、BBのミスも有り相手に速攻を決められ、ヒョウの2Pで反撃するが、41対42と再逆転を許し1点ビハインドで3Qを終了し最終Qへ。


第4Q
両チームともに1歩も譲らない展開で1分30秒が経過した、ここでヒョウのオフェンスリバウンドからのパスをセブが決め2Pをゲットしてゲームが動いた。すかさず相手が決めるとセブが連続となる2Pをゲット。相手のバスケットカウントを許し48対49と逆転を許したところで、ジンが決め返し再逆転。残り6分25秒からコウのスピード有るドライブに付いていけない相手はファールせざるを得ない状況で、フリースロー・3Pを交え連続ゴールする。相手も最後の踏ん張りで3Pを決める。残り3分で59対60と1点ビハインドでジュリーHCが後半2回目のタイムアウトを要求した。BBはなかなかシュートが決まらないが、ディフェンスを頑張り相手に無理なシュートを打たせ全員でリバウンドを取り、チームプレーで対抗した。残り43秒で相手に2Pを決められ59対62の3点差となる。ここで、ジュリーHC3回目のタイムアウトを要求。ここは、どうしても3Pを決め延長に持ち込むしか方法が無い。リポのスローインからタオへ、タオからヒョウへ展開しヒョウが見事に3Pを決め、62対62の同点とし、タイムオーバー。今期初めての延長戦に突入した。

OT1
相手のチームファールが3回、BBのチームファールは4回とファールの出来ない状況での5分間の延長戦が相手のスローインでスタートした。ここからは、精神力の戦いである。先手を取ったのはBB、リポが2Pシートを決め64対62に、ディフェンスは相変わらず素晴らしいプレッシャーで相手の自由なシュートを許さない。残り2分54秒でコウが3Pを決め67対62としたところで、相手がタイムアウトを要求。再開後に相手に決められ67対65(2点差)となる。残り1分54秒でファールをしてしまい、相手にフリースローを与えるが2本共外し2点差のままである。ここで、BBは、リポ・ヒョウと連続ゴールを決め、71対65と引き離す。残り14秒となったところで、コウが相手のファールもらいフリースローを1本決め、サトと交代。最後のディフェンスを守り、サトが2Pを決めゲーム終了。74対65でBBが延長戦を制した。


昨日WJBLのアップもなくどういう展開かドキドキしていましたがレポートを読んで凄い試合だったことを実感しました。

会場で見ていた人は興奮状態だったでしょうね~。完全アウェイの中、選手達の躍動が目に浮かびます。

ジュリーHCからは「延長戦まではいろいろありましたが選手達を見ていたら延長戦に入ってからは負ける気がしませんでした。」と自信に満ち溢れたコメントを頂きました。

これは傲りではなくチームとしての素直な実感何でしょうね。

しばらく中断しますがこの勢いを維持して破竹の快進撃をお願いします!

内緒ですけど、昨日は五反田で再延長戦が開催されたようです。流石BB
試合結果 | コメント:4 | トラックバック:0 |

エバラ第1戦、トヨタ紡織第1戦詳細レポート

第3戦 
11月6日(土)vsエバラ at港区スポーツセンター

第1Q
立ち上がり堅さの見えるBB東京。エバラのシュートで先制される。コウの2P、ジンの3Pシュートを返し5対5となる。開始3:40でキビが2ファールトラブルとなり、ヒョウと交代。東京は粘り強いディフェンスで苦しめるが、連続シュートを決められ、6対16と10点リードされ、残り2:06で1回目のタイムアウトを要求。相手に2Pシュートを決められたが、終了間際にルイが3Pを決め、10点ビハインドで第1Qを終了し第2Qへ。

第2Q
互いにシュートが入らず、1分20秒が経過したところで、タオがファールをもらいフリースローを決め、続けてヒョウが2Pを決めたが、相手に連続ゴールを許し11点差となったところで、サトの2P&スチール&2Pの連続プレーで反撃した。しかし、またしても連続ゴールを許し、残り4分30秒で16:30と14点差まで広げられた。ここで前半2回目のタイムアウトを要求。再開後コウが2Pを決め、タオ・キビそして、サトのアシストをセブがタップシュートを決め、前半を28対36と8点ビハインドで終了。1桁以内の点差とし、宮本HC・選手にあせりの様子は見られなかった。

第3Q
相手のスローインからスタートしたが、相手にチームプレーは無く、プレッシャーディフェンスで相手のミスを誘った。相手に決められても、ジン・ヒョウのシュートでお返しし、さらにヒョウのカットインでファールを誘いフリースローを決め、7点差とした。ここで、宮本HCは、ゾーンディフェンスを指示、これが、ぴったりと嵌り、ジンの連続シュートで、3点差まで追いついた。その後入れ合いとなったが、ヒョウがシュート・フリースローを決め、また、リポのリバウンドやディフェンスの活躍で、45対47と2点差まで追い上げ最終Qへ。

第4Q
最終Qもエバラのスローインからスタートとなったが、しっかりと守り、ルイの2Pで同点に追いついた。残り6分セブの華麗なスチールから流れが大きく変わり、ルイが速攻を決める。コウの3Pで逆転し初めてのリードを奪った。エバラにバスケットカウント+1スローで同点にされるも、残り5分からルイの2P、この日絶好調のヒョウの3P、セブの3P・2P・フリースローで連続得点により12点リードとした。この間、全員ディフェンスで完璧なまでに相手の攻撃を押さえ、相手はファールゲームと3Pシュートを試みたが、67対58とエバラとの初戦に見事な逆転勝勝利を収めた。
エバラ第1戦、トヨタ紡織第1戦詳細レポート…の続きを読む
試合結果 | コメント:4 | トラックバック:0 |

試合結果vs山梨・最終戦

              1Q 2Q 3Q 4Q
ビッグブルー東京   14 19 12 16  61
山梨           21 21 29 18  89

今シーズンの最終戦となる山梨を迎えての対戦は地域密着の目黒でのホームタウンゲームとなりました。

第1Q、最初の相手のオフェンスを抑えると速攻からフリーのナギの3Pで先制する。相手の力強いプレイにファールが重なるも、ディフェンスを激しくして守り、オフェンスではルイが早いタッチでの3Pを2連続で決める。相手センターをアウトサイドに引っ張り出しながらキビが3Pで決め互角の闘いとなる。ディフェンスを激しくする分ファールが多くなりフリースローを与え徐々に得点が止まる。交代で入ったヒョウが相手に押されながら決めるが7点差で第2Qへ

第2Q、速いテンポで試合が進む。立ち上がりダンが得点を決め、鶴本の3P、タオからのロングパスを受けたコウが速攻を決め一気に盛り上がる。ヒョウはファールを誘ってフリースローを決めると、ダンがバスケットカウントでフリースローも決める。金子セブのミドルシュート、コウの力強いカットイン、ルイの3Pとオフェンスは好調だが相手も崩れず9点差で前半終了。

第3Q、何とか追いつこうとするがシュートが嫌われ相手にオフェンスの機会を与える。速攻を含め連続得点を許し離されるがコウのミドル、タオのカットインからバスケットカウントで踏ん張る。一気に畳み掛けてきた相手の速いペースに着いて行けず得点を奪われる。セブのステップイン、コウの3Pで返すが大量26点差で最終Qへ

第4Q、最終戦に意地を見せ、諦めないメンバーは最後まで走るバスケット展開。サトがディフェンスでも頑張りコートいっぱいに駆け回る。力強いカットインによる得点、フリーを作っての3Pを2連続で決め、点差を詰めようと盛り上がる。最後まで諦めないメンバーは交代したリポがすぐに得点を決め、コウが意地の3Pを決めるが28点差タイムアップとなった。

最終戦も勝利できず残念な結果となりました。目黒のホームタウンゲームは地元の小学生、中学生がクリニックをやっているおかげもあって親しみを持って一生懸命応援してくれました。勝利は出来ませんでしたが最後まで諦めることなく応援してくれている姿は選手に勇気を与えてくれました。

長いシーズン選手を中心にチームを応援していただいたことに感謝申し上げます。この経験を活かして、さらに強くそして皆さんに感動を与える試合を繰り広げてくれると思います。これからも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。

試合結果 | コメント:4 | トラックバック:0 |

試合結果vsトヨタ紡織最終戦

               1Q 2Q 3Q 4Q
ビッグブルー東京   14 12 13 16  55
トヨタ紡織         24 20 13 16  73

第1Q、相手の先制されるもすぐにコウがカットインからゴール下で決め返す。その後タオがミドルを決めるが相手のスクリーンプレイにファールがかさみ連続得点を許す。一気に離されそうなところでルイ、キビと連続3Pで食らいつく。しかし相手のプレイを止める事が出来ない。コウが決め、タオ、ダンがフリースローを決めるが10点差で第2Qへ

第2Q、立ち上がりダンが連続得点を決め盛り上がる。セブの巧みなステップインで得点、ヒョウの相手をかわすミドル、ジンの強気なインサイドで得点するがやはりファールが多くなり相手にフリースローで得点を与え、18点差で前半終了。

第3Q、ハーフタイムでディフェンスの修正を指示され、ディフェンスを厳しくして相手のオフェンスを押さえ込む。キビがリバウンドからゴール下で得点し、途中出場のリョウが期待に応え、速攻から3Pを決める。サトがスティールから強気に攻めフリースローをもらい、リョウ、セブ、ダンも決める。相手のオフェンスもシャットアウトし簡単に得点を与えずこのクォーターイーブンで最終Qへ

第4Q、諦めないメンバーはサトのスティールやタオ、リョウのブロックショットなどで相手を封じ込め、ダンの連続得点、セブのカットイン、サトのファーストブレイクからの得点で一気に10点差まで追い上げる。ここから不運な笛も重なり、一桁差を目の前に相手に得点され、差が縮まらない。コウ、セブが決め、最後にルイがファールをもらいながら得点を決めフリースローも決める意地を見せたが18点差でタイムアップとなった。


やはり立ち上がりでリズムをつかめない状況が続いています。しかし、第3Q以降のディフェンス・オフェンスとも素晴らしく最初から出来ていればと非常に悔しい結果となりました。

長きに亘ったリーグ戦も今週末の目黒ホームタウンゲームで最終戦となりました。苦しいシーズンでしたが最終戦で全てをぶつけて勝利を勝ち取るように頑張ります。ぜひとも多くの皆様の応援をよろしくお願いいたします。

リーグ最終戦
2010年1月31日(日)16:00~ vs山梨クィーンビーズ
目黒中央体育館(東急目黒線「武蔵小山駅」徒歩7分 入場無料です。)
試合結果 | コメント:4 | トラックバック:0 |

試合結果vsエバラ最終戦

          
              1Q 2Q 3Q 4Q
ビッグブルー東京    15 14 10 16  55
エバラ           30 17 18 14  79

バスケットの殿堂、代々木体育館にて荏原を迎えての一戦。東京と言うことでもあり準ホームとして勝利を目指して挑みました。

第1Q、ディフェンスを頑張りオフェンスに繋げるが緊張からかシュートがことごとく外れてしまう。相手にリバウンドを奪われ賢明に守るが相手のシュート確率が高く連続得点で0-10と大きく引き離されてしまう。最初の得点はアシストからゴール下で決めたキビ。そこから硬さが取れ、途中出場のジンのミドル、タオ、セブの連続3P、ヒョウのインサイド、ダンの3Pで得点を重ねるが相手のオフェンスも絶好調で15点差で第2Qへ

第2Q、少しでも差を詰めたい当社はディフェンスを厳しくし、思い切りの良いオフェンスでコウが連続得点し、ダンがインサイドでファールを誘いフリースローを決め10点差まで詰め寄る。この勢いをそのままに攻めるが相手の厳しいディフェンスを前にシュートが決まらない。また引き離され、コウ、タオの連続3Pも単発となり、最後にキビがゴール下を決めるも17点差で前半終了。

第3Q、少しでも点差を縮めるために必死にディフェンスをする当社。何度もスティールを連発するも最後のフィニッシュまで到達できない。ヒョウとダンが得点するもリズムがつかめない。ここでサトを投入。サトが連続スティールで3連続得点でチームを鼓舞する。しかし相手のシュートも良く決まり25点差で最終Qへ。

第4Q、このまま終われないとばかりにテンポよく攻め、キビ、ナギが積極的に攻めフリースローを得るも全てを決められず得点差は縮まらない。しかしディフェンスではスティールで何度もチャンスを作るがシュートに至らず攻めきれない。その後ダンがインサイドで縦横無尽に動き、インサイド、アウトサイドで得点し、ヒョウのミドル、ジンのインサイドなどで得点するも大量得点差を縮めることなく終了となった。

平日の開催にもかかわらず多くの選手の職場関係の方々などファンの皆様が応援に駆けつけていただいたにもかかわらず、勝利することが出来きずに残念でした。しかしながら大差で負けているにもかかわらず、最後まで熱心かつ暖かい皆様の声援を感じることが出来、スタッフおよび選手一同本当に感謝しております。

後残り2試合となりました。何とか1勝を勝ち取るために全力を尽くして参りますので応援の程よろしくお願い致します。

なお、最終戦は当社がホームタウンゲームと位置づけております目黒中央体育館で2010年1月31日(日)16:00から山梨を迎えての最終戦となります。ぜひとも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

試合結果 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。