BIGBLUE東京

WJBLに所属するBIGBLUE東京。 チーム紹介、スケジュール、その他いろいろな情報を提供していきます。 皆様よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

vs山梨第3・4戦 試合レポート

第9戦 2011年1月29日(土) vs山梨 at伊那市勤労福祉センター体育館

2011年を向かえリーグ再開の初戦、ここまで1勝1敗の五分の星、リーグ初勝利を挙げた山梨相手に気合を入れて臨みました。

第1Q、立ち上がり寒さの影響もあり堅さの見えるBB。相手にフリースローから得点を与える。その後もイージーミスを重ね相手に連続得点を6点リードを奪われる。しかしここからファーストブレイクでヒョウが初得点を挙げるとセブがファールをもらいフリースローを奪い、リポのミドル、ジンのミドルで逆転し一気に盛り上あがる。ディフェンスでもプレッシャーを掛け相手のミスを誘い、リポが連続で3Pを2本決め4点差リードで第2Qへ

第2Q、メンバーを替えてスタートすると交代したルイがフォーメーションプレイからきれいにミドルを決める。セブがうまいプレイで相手のファールを誘いフリースローを得る。山梨もインサイド中心に攻めて必死に食い下がりキビ・ヒョウにファールが重なりコウを投入。これがあたり、いきなり3Pを決め相手を寄せ付けない。交代したサトも果敢な攻めでファールからフリースローを得て得点する。タオのナイスアシストからヒョウがレイアップを決めリードを保つ。ディフェンスでは1-3-1ゾーンが見事にはまり相手のリズムを狂わせ、残り5秒でセットプレイからルイがきれいに3Pを決めて9点リードで後半戦へ。





第3Q,立ち上がりが重要となるがお互いに堅さが見られ得点できない。相手に2連続で得点をされ、ここで落ち着いて点差を離したいBB。リポのパスカットからファーストブレイクに行くがリングに嫌われ得点できず、ここからリズムが狂いだす。相手に連続得点を許し一気に逆転される。しかしコウが粘りミドルを入れ再逆転するが山梨の勢いを止めることができず一気に離される。ヒョウが粘りミドル・フリースローと粘るが6点リードを奪われて最終Qへ

第4Q、何とか追い付きたいBB。第3Qの勢いそのままに山梨が積極的に仕掛けてくる。全員ディフェンスで凌ぎ、引き離されそうな所でルイが3Pを決め、4点差まで詰め寄る。山梨も得点し、一進一退となるが、離されるとセブが3Pを決め、ルイ、セブと得点し徐々に詰める。しかし、相手のインサイドに対してキビ・ヒョウが4ファールとなり相手もそこを攻めて詰めさせない。速い展開からリポが3Pを決め4点差に詰めるがその後シュートが嫌われて、コウがカットインからシュートを決めるも山梨が時間を使い、万事休すタイムアップとなった。

第10戦 2011年1月30日(日) vs山梨 at北杜市高根町体育館

第1Q、立ち上がり相手のインサイドにてこずり先制をされる。ここで今期初スタメンとなったサトが力強いカットインで得点をし一気に盛り上がる。コウが強気に攻めファールをもらいフリースローを決める。守っては全員でリバウンドに入り、相手からボールをスティールするが最後のフィニッシュが決まらず点差が広がる。ここでタオがカットインから粘って決め食い下がる。相手は絶好調でミドル・3Pと立て続けに決められる。サトが相手を振り切りカットイン、ミドルを連続で決めるが8点差で第2Qへ

第2Q、何とか追いつこうとディフェンス強化して苦しめるがシュート確率が上がらない。強気の攻めで相手のファールを誘うがフリースローがことごとくはずれ追いつくことが出来ない。ディフェンスを1-3-1に変更してプレッシャーを掛け相手の攻め手を封じるが、残り少ない時間で放つ3Pが決まり大量リードを許す。何とか食い下がりたいBBはジンが3P、ミドル、カットイン、セブがレイアップを決めるも相手の勢いを止められず大量16点差で前半終了。

第3Q、逆転を目指してこれ以上離されてはいけない気持ちがディフェンスに現れ、1-3-1ディフェンスが相手に効き始める。24秒ぎりぎりまで追い込むと相手のミスを誘いファーストブレイクからヒョウが得点し勢いを増す。1-3-1ディフェンスに相手は攻め手を封じられターンオーバーを連発、第3Q開始から5分で3ゴールしか決められない。ここからヒョウが3Pを決め、リポのミドル、ルイが力強いカットインからファールをもらいバスケットカウント&フリースローで決める。さらにリポも積極的に攻めファールを誘い相手を苦しめる。最後はセブが逆をついたカットインでバックシュートを決め10点差で最終Qへ

第4Q、第3Qの勢いそのままに流れを引き寄せたいBB。ディフェンスは1-3-1のまま相手のオフェンス揺さぶり続ける。リポがミドルを決め、タオのアシストからキビがきれいに合わせて得点を重ねる。ここでコウが3Pを決め6点差まで追い上げ一気に盛り上がるが相手も決め返す一進一退の攻防となる。激しい点の取り合い中、必死にディフェンスするが苦しみながら打つ相手のシュートのリバウンドを取ることができず相手に得点を許し、差がなかなか詰められない。相手の3Pに対しセブが3Pで返すも相手にも得点を許しなかなか詰め寄ることが出来ない。ここで第3Q活躍したルイが値千金の3Pを放ち、さらにファールを奪いフリースローを得る4Pビッグプレイで一気に5点差に縮める。その後ディフェンスで踏ん張り、ルイがカットインから得点し3点差とし、相手ボールとなるがディフェンスを守りきり残り15秒で当社ボールとなる。セブに対し相手がファールをしてフリースローを得る。残り時間2.1秒。宮本HCがタイムアウトを要求し、最後の作戦を指示。フリースローを1本決め、わざとフリースローを外した所でリバウンドから得点する作戦で臨むが、リバウンドの混戦から山梨がボールをキープし2点差でタイアップ惜しい試合を逃した。

全国的に冬型の気圧配置で長野県は最高気温3度、山梨も4度の寒さの中暖房設備が十分ではなく選手は体調のコントロールが非常に大変でした。その中においても多くの小中学生の前で感動を与える試合を展開できたのは良かったと思います。山梨では地元TVで生中継も有り、接戦を展開しあきらめない姿を見せることが出来たのは非常に良かったと思います。
この後6試合は東京近郊の試合となります。石神井での開催も3試合ありますので是非とも応援のほどよろしくお願いいたします。
2011年2月 5日(土) vsエバラ   14:30~ 富津市社会総合体育館
2011年2月 6日(日) vsエバラ   16:00~ 練馬区光が丘体育館
2011年2月11日(金) vsトヨタ紡織 17:00~ 代々木第2体育館
2011年2月12日(土) vsトヨタ紡織 14:00~ 東京海上日動石神井体育館
2011年2月19日(土) vs三菱電機  14:00~ 東京海上日動石神井体育館
2011年2月20日(日) vs三菱電機  15:00~ 東京海上日動石神井体育館
スポンサーサイト
試合結果 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<vsエバラ 第3・4戦 | HOME | vs山梨第4戦>>

この記事のコメント

アッコさん

初めてのコメントありがとうございます。管理人の手抜きにより速報をお伝え出来ずにすみませんでした。
会場に来ていらっしゃったんですね。
2戦目はディフェンス頑張っていたのですが。負けたのは悔しいですが、これからはホームゲームが多いので頑張ってくれるでしょう。アッコさんも応援よろしくお願いします。
2011-02-07 Mon 22:50 | URL | 管理人 #-[ 編集]
昨日の荏原戦お疲れさまでした!
コメント場所違うけど・・・(~_~;)

また20日に応援に行くから頑張ってね!
DEFをすごく頑張っていて刺激を受けたぞ~
仕事と両立大変だけど、ぜひ、頑張って!
2011-02-07 Mon 17:29 | URL | アッコ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。