BIGBLUE東京

WJBLに所属するBIGBLUE東京。 チーム紹介、スケジュール、その他いろいろな情報を提供していきます。 皆様よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第13・14戦試合レポート

第13戦 2011年2月11日(金) vsトヨタ紡織 at代々木第2体育館

ここまで対戦成績1勝1敗の五分の星のトヨタ紡織を迎え雪の降る東京で熱戦を展開した。

第1Q、立ち上がりから身体がよく動くBB。リポのアシストからキビがゴール下を押し込みバスケットカウントを奪いフリースローも決める。相手もインサイドで得点を重ねるが絶好調のキビがリバウンドからシュートねじ込み入れ返す。さらにキビがインサイドでファールを奪いフリースローを決め全得点を叩き出す。ヒョウも続き、リポが強気の攻めでファールを誘いフリースローを得ると、セブがカットインからバスケットカウントを奪い相手の主力がファールトラブルに落ちいる。その後もお互いに点の取り合いとなるがリポ、セブ、ヒョウが攻め続け、交代した小林のカットインが決まりハイスコアのまま2点差で第2Qへ。

第2Q、少し動きが止まったところで相手に連続得点を許すがディフェンスでリカバリーし、相手にも簡単に得点を許さない。この日絶好調のキビがミドルを決め反撃開始。セブが鋭いカットインからファールを誘いフリースローを決める。相手のインサイドに手を焼き点さが離れそうなところでコウが3Pを決め必死に食い下がる。相手のオフェンスリバウンドに押し込まれ得点を許し差が広がり掛けたところでジンがファールでフリースローを得るが相手もすぐに入れ返し9点差まで広がったが交代したルイがブザービーターの3Pを決め6点差で後半戦へ


第3Q、これ以上点差を広げることができないBB。しかしミスが目立ち相手に連続得点を許し一気に15点差まで広がり苦しい展開。ここでキビが3P、ミドルを決め反撃開始。相手にも決められるがセブがインサイドで得点しヒョウも続く。相手に3Pを決められるがヒョウ、ルイが連続で3Pを決め食い下がる。相手もペースが落ちずハイスコアの展開。最後にヒョウが連続で決めるが9点差に広がって最終Qへ。

第4Q、逆転に向けて気合の入るBB。相手は3-2ゾーンディフェンスでプレッシャーを掛けようとするがここからBBはエンジン全開。セブのミドルからディフェンスでプレッシャーを掛け、リバウンドを制圧し、ヒョウがインサイド、ファーストブレイクと3連続得点で一気に差を詰める。相手のリズムが狂いだしターンオーバーを繰り返しセブの3P、ミドルで一気に逆転する。相手も踏ん張り再逆転を許すがルイがシュートファールを受けフリースローで喰らい付き粘りを見せる。相手にファールでフリースローを与えるが緊張からか相手も決まらず3点ビハインド。ここでルイが値千金の3Pで再度同点に追い付く。ここからは緊迫した状況でお互いに攻め手を欠く。ここで抜け出したいBBのオフェンスでボールを手にしたリポが放った3Pが綺麗に弧を描いて見事に決まりリードする。残り2分を残したが相手のファールゲームにも冷静にフリースローを決め見事逆転勝ちを収めた。


第14戦 2011年2月12日(土) vsトヨタ紡織 at石神井体育館

第1Q、昨日の勢いそのままに立ち上がりから攻めたいBB。寒さからボールが手に付かずミスを重ねる。相手に連続得点を許し点差を広げられる。ヒョウがミドルを決め、セブ、リポと続くが単発に終わり大量13点差で第2Qへ。

第2Q、このまま離されたくないBBはディフェンスからリズムをつかもうと必死に守るが攻撃でのミスが続き得点出来ない一進一退の攻防の中、ルイがフリーとなり得点を決めるとリポがファールを誘いフリースローを得る。ジンのミドルが決まると交代したサトが鋭く切れ込みファールを誘いフリースロー、さらにミドルを決めて勢い付く。積極的に攻めヒョウ、サトとファールからフリースローを得るも2本決めきれず追いつけず14点差で後半戦へ。

第3Q、少しでも差を縮めておきたいBB。ディフェンスでプレッシャーを掛けセブがアンスポーツマンファールを受けフリースローを得る。負傷のためセブと交代したタオがフリースローを決め反撃開始。ルイ、コウが強気のオフェンスでファールからフリースローを得るがまたしても2本決めきれない。相手のファールトラブルからヒョウがカットインを決め、コウもスピードあるカットインで続く。一気に点差を詰めたいところだがミスが重なり詰め切れない。ヒョウの3P、キビがゴール下でフリーとなり得点を決め、リポも続き12点差に戻して最終Qへ。

第4Q、昨日の再現と何とか追いついて逆転したいBB。ヒョウのカットインから得点するとセブも続き点差を一桁に戻す。相手が裏を付いたナイスプレイでまた点差を広げられるがコウが3Pで返し、さらにスピード溢れるカットインで得点する。ここで決めるとぐっと勢い付くところでミスを犯し波に乗れないままゲームが進み相手のオフェンスを止めることが出来ずリポ、キビと決めるが単発に終わり最後にタオが意地の3Pを決めるが更に点差が広がっての敗戦となった。

金曜日の代々木の勢いそのままに連勝を狙ったのですが残念でした。しかし代々木の諦めない姿勢は本当に素晴らしく応援してくれた方に感動をお届け出来たと思います。あいにくの雪となりましたが多くの応援をいただき心より御礼申し上げます。

残り2試合石神井でのホームゲームとなります。是非とも沢山の方の応援をお待ちしています。

2011年2月19日(土) vs三菱電機  14:00� 東京海上日動石神井体育館
2011年2月20日(日) vs三菱電機  15:00� 東京海上日動石神井体育館
スポンサーサイト
試合結果 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<vs三菱電機 第3戦 | HOME | vsトヨタ紡織第4戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。